Hypothesis and proof

アクセスカウンタ

zoom RSS 150201 寒

<<   作成日時 : 2015/02/01 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

◆気象情報 & 予測
・気圧配置、
強い西高東低。
北海道の東に低気圧980。
上海の北に高気圧 1038

・天気実況、
筑波南に北西から南東に伸びるコンバージェンス性のパフ列。
難台の向こうにもコンバージェンス性の積雲列。
11:30 テイクオフは、5m/sくらいの西風。
12:30 幾分風が強くなり始める。
南のコンバージェンスが北に移動している雰囲気

・予報
13:00には、南コンバージェンスの南の利根川強風域が足尾を飲み込む。
茂木より北も、北の強風域が居座る。
コンバージェンスに挟まれた弱風域は、次第に狭くなる。
飛んでいられないほどの強風は来ない。

・エマグラム、
冬の乾燥減率線。
2000mくらいまでは“上がっちゃう”
上空に強風は入っていない(但し、舘野9:00)。

・予測、
コンバージェンスday
弱風域は狭く、変化が激しい。

◆予定
・岩瀬-茂木に発達するコンバージェンスで浮いていよう。
・4時まで飛んで、弱くなった東に降りよう。

◆結果
・岩瀬-茂木に発達するコンバージェンスで浮いていよう。:✕
北は全く発達せず。
富谷で何も感じず、ヘロヘロと逃げ帰る。

・4時まで飛んで、弱くなった東に降りよう。:✕
寒くて4時まで飛べず。
しかし、今日の風は、4時でもパワフルで、役場の横に避難して降りました。


◆フライト

足尾-燕-つくし湖-明野-富谷-湯袋-冨士山-NASA-役場
画像

3h00m 64km

結局、筑波南から移動してきたコンバージェンスラインのみが強力に発達。
筑波山から足尾山上空への収束イメージで、場の風が決まっていた。

富谷には全くリフト気配無し。
ただ行っただけ。

コンバージェンスの北側は北西の風、南側は南西のど強風。
1900mで離脱したコンバージェンスは-13℃。
雲底にまでは、寒くて届かなかった。


◆Memo
やっとシーズンインか。
寒さ対策パワーアップ必要だな。
爺になると、冷えはこたえる。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
150201 寒 Hypothesis and proof/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる