Hypothesis and proof

アクセスカウンタ

zoom RSS 150425 男体山行けず

<<   作成日時 : 2015/05/06 01:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

GWは、よく飛べたので記事のUP遅れてしまった。


◆気象情報 & 予測

  ・気圧配置

    能登半島沖に高気圧。

    千葉沖に寒冷前線の尻尾。


  ・天気実況

    晴れだが全天霞み。

    東の風。


  ・予報

    宇都宮はオーバーキャストで曇る。

    北関東地上は基本南東の風。

    BLIPMAPでは、

     - オーバーキャスト北回りの南東風が日光で収束。

     - 那須岳北回りの上空の風は、那須から烏山に吹き込む。


  ・エマグラム

    BLIPMAP板倉予測では、

     - 下層(〜1200m)は南弱風、

     - 中層(〜2000m)は西5m/s、

     - その上は急速に20m/s程度まで加速、

     - 減率は強くない


  ・予測

    4月末の日射でエネルギーは十分、沈むことは考えなくて良い。

    平地の上限は1200〜1400m。

    日光では山のエネルギーを使い上層へコンタクト可。

    2500近辺の相変化域でのWaveは頭に入れておく。



◆予定

  ・男体山 – 高原山 – 足尾(帰れるとこまで)

  ・日光まではオーバーキャスト北側の収束帯を使う。


◆結果

  ・男体山 – 高原山 – 足尾(帰れるとこまで):×

    男体山頂に取り付けず、女峰山の跳ねで逃げ出しました。


  ・日光まではオーバーキャスト北側の収束帯を使う。:○

    高度は出ないが、予測通りの「道」は有りました。




◆フライト

  足尾-高根沢-今市-霧降高原-塩谷町

  
画像


  3h34m 114km


  益子までは、雲底1200〜1300m、上昇率1.0m/s程度を丁寧に繋ぐ。



  高根沢でコンバージェンスにIN、1800m。

  霞みで全く日光の山が見えないが、かまわず進む。

  風は弱い南風。



  今市でやっと男体山の輪郭がぼやけて見えてくる。



  日光市街上空でやっと晴れ。

  その先は基本ブルー。

  わずかにパフ雲が浮かんでいるので、これを目標に進む。



  進むうちにローターの湧き出し雲の雰囲気に変化、リフトも良い感じに。



  と、2400mを超えた途端、+5.0m/s以上を超える安定した広範囲リフトに突入。

  風向も西南西に変化している。

  Wave IN!

  風速は5.0m/s程度。

  https://www.youtube.com/watch?v=54Bh77OIZ_0



  しかし、風下側にはオーバーキャストの雲が発達。
  このままだと雲を越えそう。


  問、
    どうする?


  回答、
    対処知識がない!

    知識を獲得したら再チャレンジ。



  ということで、この場はさっさと逃げよう。

  機速100km/h、沈下率-2.0m/s程度で南にスライドし、 Waveを離脱。



  戻った今市は完全にオーバーキャスト。

  復活できずに終了。




◆Memo

  かなりもったいない気もしたが、読めないリスクは避けられたという結果を「良し」としよう。

  勉強しないとな。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
150425 男体山行けず Hypothesis and proof/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる