Hypothesis and proof

アクセスカウンタ

zoom RSS 150429 会津

<<   作成日時 : 2015/05/10 07:48   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

◆気象情報 & 予測
  ・気圧配置、
    日本海に高気圧。
    日本南方に前線を伴った低気圧。
    関東は気圧傾度小さく、高気圧勢力圏内にどっぷり。

  ・天気実況、
    晴れ。
    東の風。
    積雲あり。

  ・予報
    BLIPMAPでは、
     - 南の風、強くない。
     - 那須岳に向けリフトライン形成。

  ・エマグラム、
    確認せず。

  ・予測、
    今日も4月末の日射でエネルギーは十分。
    浮いていられる。
    ある程度、積雲を繋いでいける。
    矢板から那須岳は、雲が無くてもラインはある。
    内陸の山まで到達すれば、上限は切り上がる。


◆予定
  ・那須岳 – 雄国ランディングゴール
  ・30km/h x 5時間 = 150km

◆結果
  ・那須岳 – 雄国ランディングゴール:×
    会津盆地の風向き予測してなかった。
    対地500m位まで、地上風を読み違えて、届かず。

  ・30km/h x 5時間 = 150km:×
    4時間しか飛べず。


◆フライト

  足尾-市貝-大田原-那須岳-芦ノ牧温泉-美里
  
画像

  
3h59m 141km


  12:05 東にテイクオフ。

  12:30 燕山で1500m、発射。

  13:10 市貝でラインを乗り換える為に西にシフト。

       500mまで下がる。
       そこで引掛けたリフトを丁寧にトレース。
       ライン乗換成功。

       東の八溝山系には雲が豊富。
       しかし、目標の那須岳には平地を進むのが断然有利なあだよなあ。
       予報も有ったので、かまわずパフ雲頼りに北上。

       大田原より先は、予測通り雲発達なし。
       予報通りの見えないラインはしっかり。


  14:50 大きなシンク無く那須岳到着1150m。

     https://youtu.be/9RaCQ6vhk70

       予測通りリフト上限が切り上がる。
       那須岳2100m。
       旭岳2200m。
       この高度でも、結構、裾野を広く感じる。
       会津盆地は遥かに霞んでいる。
       下郷には広い田圃があるので、とにかく会津方向に進路。


  15:30 二岐山手前でこの日MAX2300m。
       どうにか会津盆地突入高度確保。

       この辺、日本ではない様な景色。
       火山地帯を覆う原生林、なかなか見れない景色だ。

       会津盆地直前、酷いシンク。
       全く予想していなかった東風が、会津盆地にまで進入。
       西日射面を狙って飛んでいた為、酷い下降流の中を、ひたすら進むことに。
       あっという間にランディング高度まで落とされてしまった。
  
  16:04 どうにか平地には辿り着き、広い美里町の田圃にランディング。


◆Memo
  会津盆地にも東風が入り込むことがある。
  新しい知見だ。

  平地+山、エマグラムでは読めない面白さがあります。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
150429 会津 Hypothesis and proof/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる