090829

気象情報:
南西-北東に連なる前線が関東平野の西に、
関東の東側半分は晴天、
エマで上限1200、
10:00 筑波山脈に積雲
11:30 西・北・水戸方面に広く積雲

予測:
・前線の前面で、いつ薄曇ってもおかしくない
・気圧傾度弱く、卓越風がはっきりしない
・雲のはっきりしてる茂木山地を中心に飛ぶ
・茂木-水戸-リターン

結果:
・前線の前面で、いつ薄曇ってもおかしくない ×:晴天-局地前線発達-雲崩壊-再び快晴
・気圧傾度弱く、卓越風がはっきりしない ×:前線が発生、3時益子には5-8m/sの北風
・雲のはっきりしてる茂木山地を中心に飛ぶ ×:鶏足山まで出かけるが、上層雲+小前線で曇った益子に撃沈
・茂木-水戸-リターン 
  ×:北もしくは北北東の風が立派に吹く日にこんなプラン立ててしまった、何も分かってないんだなあ

11:50 TO
12:05 雲底1300

逆転層の上、北方には局地前線性の雲、
エマの傾きから、この局地前線は大きく発達しないと踏んで、この前線面で飛ぼうと予定通り北へ、

12:40 高峰奥で雲底

北方は上層薄雲で暗くなりつつあるが、間に合うと考えプランに固執、さらに北へ、

しかし、上層の雲は予想を超えてエネルギーを供給しなくなっていた、

13:10 鶏足山、和菓子いい村でカスをかまってみたものの益子に撃沈 

2時、3時と前線性のくもが発達、北風が益子の谷を吹き抜けた。
4時には、また快晴。
これ位大きな気象変化は、フライト前に予測出来ないとまずいよなあ。
出来るようになりたいもんだ。


2244km/3000km、96h/150h

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック